古いお酒はお酒買取で高値がつくこともある

飾ったままだった古いお酒はお酒買取業者へ

高値で売れるお酒とは

古いお酒は造られた年代や保存状態などによっても価格が変動してきます。数あるお酒の中でも特に高値で買い取ってもらえるお酒はどれなのかランキングでみていきましょう。

買取平均価格が高いお酒

no.1

ウイスキー(平均5万~30万円)

1本1本が高価で買い取ってもらえる銘柄が多いことからウイスキーは買取平均価格が1番高くなりました。なかでも響の35年徳田八十吉作は80万の値がついたり、特に高値で買取してもらえることもあるようです。

no.2

ワイン(平均5万~20万円)

ワインは年代や産地によって価格の変動はありますが、全体的に1本ずつの価格が高い傾向にあり平均買取価格は高くなっています。平均価格が5万~15万と高いですが、物によっては50万の値がつくものもあるようです。

no.3

ブランデー(平均2万~20万円)

ブランデーは1本1本の価格はそこで高くありませんが、1本で100万をl超える値がつくものもあり平均価格は高くなっています。レミーマルタンルイ13世ブラックパールは110万と飛び向けて高い値がつくこともあるようです。

古いお酒はお酒買取で高値がつくこともある

酒

眠っているお酒はありませんか

お家にずっと飾ったままのお酒やセットでついていたグラスは失くしてしまったけれどお酒だけ残っていたり、海外旅行のお土産をしてもらったどこの銘柄か分からないものもお酒買取業者では買取してくれます。

買取までの流れ

買取ってほしいお酒を直接お酒買取業者の店頭に持っていって査定してもらい価格に納得すればその場で買い取ってもらえます。またネットで出張査定を申し込み自宅に直接査定にきてもらい、買い取ってもらうこともできます。

必要なもの

お酒を買い取ってもらうために必要なものは基本的に本人確認書類だけです。運転免許証、パスポート、健康保険証など本人であることが確認さえできればどなたでも買い取ってもらうことができます。